ベビ待ちROOM

杏林堂漢方薬局鍼灸院からベビ待ちの女性に向けたコンテンツをお届けします。

ベビ待ちROOM

ベビ待ち先輩からのメッセージ

当院にいただいた「ベビ待ちの先輩」からのメッセージをご紹介いたします。

Y.Oさん(女性│42歳│岐阜市)

通院暦1年6ヶ月

  • やったね!
  • 漢方改善
  • 鍼灸治療

一年半前から鍼灸と漢方治療しながらタイミング療法をおこなってきました。なかなか授かることが出来ず思い切って体外受精を試みました。

なんと一回で陽性反応が出て現在12週になりましてお腹の子はすくすくと育っており主人と喜んでおります。これも鍼と漢方を続けてきたおかげです。先生には本当に感謝しております。有難うございました。

M.Tさん(女性│33歳│大垣市)

通院暦1年

  • やったね!
  • 漢方改善

お久しぶりです。2年前に通わせていただきましたM.Tです。H29年10月に元気な女の赤ちゃんを無事産むことができました。

これも先生のところへ通い漢方でしっかり体作りをしたおかげだと思っております。先生のアドバイスをいただき前向きにとりくめた結果だと感じております。本当にありがとうございました。

院長が答える、ベビ待ち相談

ベビ待ちの皆さんが聞いてみたいことやお悩みのことに院長からアドバイスいたします。

  • 食生活が不妊につながることはあるの?漢方でフォローできますか? 【NEW】

    • いままで食生活と不妊については関係ない…と思われることが多かったのですが、昨今では、ハーバード大学による疫学調査の結果、適切な食事をとると、不妊の原因で最も多い「排卵障害」が改善できるという根拠が指し示され、不妊改善を望まれている方々の間で妊娠の可能性を少しでも高めるための食生活が注目されるようになりました。

      そこで、まずは食生活や生活習慣で気をつけたほうが良いことはどのようなことか、以下に例を挙げてみると…

      ●生活習慣で気をつける例
      1.睡眠は十分にとる
      2.体をあたため、冷やさないようにする
      3.散歩など適度な運動をする
      4.ストレスを減らす

      ●食生活で気をつける例
      1.体を冷やす食事は極力控えましょう
      2.偏食は避け、栄養バランスの良い食事をしましょう
      3.生野菜やビール等はお腹を冷やすため摂りすぎないようにしましょう
      4.寝る前の夜食は我慢しましょう
      5.しっかりとよく噛んで食べましょう

      …と、このようにたくさんあります。

      しかし、すべてをきちんと守り、食生活だけで妊娠に必要とされる、
      「高タンパク」「低糖質」「鉄」「葉酸」「亜鉛」「ビタミン類」等の要素を取り入れることはとても大変です。
      また、たとえ気をつけたとしても、必ず自然妊娠ができるとは限りませんので、当院では、妊娠を受け入れやすい身体作りの一環として、ストレスを感じない程度に日常生活を見直していただくことを患者さんにお話させていただいています。

      「漢方薬 + 鍼灸治療 + 食生活と生活習慣の見直し」

      日常生活で足りないものを漢方薬や鍼灸治療を取り入れ補うことで、かなり違った結果(効果)が感じられると思います。
      この方針で妊娠しやすい体づくり、健康的な妊活に取り組まれることをお勧めします。

  • 不妊治療の相談はどのタイミングでするべき?

    • 妊娠を待ち望んでいても、なかなか兆候が見られない場合、不妊治療をするタイミングがわからないという方も多いかと思います。
      日本産科婦人科学会の規定によると、「妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間(1年というのが一般的)妊娠しない」ことを不妊と言い、このタイミングで「もしかしたら…」と考えてしまう方が多いようですね。

      当院にご相談にいらっしゃる方においては、病院で不妊治療をする前に当院にご相談される方や、よりいい結果を求め、病院での治療と並行しご相談にいらっしゃる方々等、ケースもさまざま。中には、今月病院で体外受精(採卵~胚移植まで)をしたいのでとお見えになる方もいらっしゃいます。
      このように、どのタイミングで…という制限はありませんので、いつでも大丈夫です。

      要は、自分の心と体に合ったタイミングで、不妊に向き合うタイミングを選んでいただければ問題はないと思います。

      当院では、東洋医学による妊娠しやすいからだづくりを、半年から1年の期間をワンステップと考えています。
      例えば、対外受精をご希望の方は、その予定の3~6ヶ月前からの対応が一番ベストと提案し、漢方または鍼灸を進めていきます。

      このように、その患者さんの状況にあわせてカウンセリングさせていただき、より良い治療方法をアドバイスしております。
      もちろん病院との併用の方がほとんどですのでご安心ください。妊娠する力を高めるサポートをさせていただきます。

  • 不妊で男性側が原因となることは?その場合、東洋医学での治療方法はありますか?

    • 不妊治療というと、女性の方が受診をされるケースがほとんどですが、最近では不妊カップルのおよそ2組に1組は男性側にも何らかの原因があると考えられ、当院においても男性からの不妊のご相談が増えております。

      男性の不妊の原因としては、
      ・性機能障害(ED、早漏、射精不能など)
      ・精液異常(乏精子症、無精子症、精子無力症、奇形無力症など)
      ・生殖器器質性疾患
      など、さまざまな原因があります。

      日常の生活におけるストレス、運動不足、食生活の乱れ、そして環境ホルモンや疾患などの影響から精子の状態が悪くなり不妊につながることが多いようです。

      漢方では体を元気にすることで精子をつくる機能を高めて正常な精子をつくり、体内での酸化ストレスの亢進を抑え取り除きながら、精子に栄養を与え、丈夫で元気にすることを基本に治療をしています。

      精子の状況はとても変化しやすいので、漢方薬を服用することで質を高め、それを安定させることで妊活に向き合う体質改善のサポートをさせていただきたいと思います。

  • 不妊治療にかかる費用はどれくらいですか?健康保険は使えますか?

    • 費用については、1ヶ月平均15,000円~45,000円の方が多いです。
      不妊治療に効果的だと言われている漢方薬、健康食品はたくさんあります。しかし、たくさん飲めば妊娠するということではありません。

      当店では20年の経験をもとに、患者さんが本当に必要なものを「体質」「体調」「生活環境」にあわせて処方しております。

      保険の適用はございませんが、ある程度の期間を継続していただけるよう、費用面についてもご相談させていただいておりますので、ご安心ください。

  • 漢方は不妊治療に効果がありますか?

    • 東洋医学では患者さんひとりひとりの状態を把握して、その人にあわせた治療を行います。ですから治療方針はひとりひとり違いますが、おおまかな考え方としては、「体を元気にすること」と、「血流をよくすること」、「ストレスを取り除いてあげること」によって自律神経、ホルモンバランスをよくして、卵巣や子宮のはたらきを活発にすることです。冷え症や頭痛、肩こりなどの不定愁訴もよくなりやすいです。

      よくお話しすることは、女性を畑に例えると畑に肥料をまいて耕すことで、種をまけば芽が出やすくなるということをお話しします。

      東洋医学ですので確かなエビデンスがあるわけではありませんが、長年の経験と実績により卵子の質(受精卵のランクが上がったり、胚盤胞まで育たなかったのが移植出来るようになる)、内膜の状態(流産を繰り返していたのがうまく維持できるようになる)など、患者さんの状態等色々よくなっております。

  • 不妊治療と年齢は関係ありますか?

    • もちろん若ければ若いほど妊娠率は高くなります。ですから若いうちに不妊治療をすればするほどいいという傾向になっていますが、私の経験では逆に年齢が上がれば上がるほど東洋医学(漢方治療鍼灸治療)を併用したほうが西洋医学単独で治療するよりかなり効果的だと思います。

      特に40歳を過ぎると極端に卵子が老化するためいい卵が育たなかったり、育っても分割が止まったりさまざまな問題がでてきます。もちろん若い方でもAMH(アンチミューラリアンホルモン:発育過程にある卵胞から分泌されるホルモン)が低かったり、採卵してもなかなか受精卵が育たないという方もおられますが、そういう方こそ東洋医学を併用してもらうと効果的です。

      年齢における体質の変化はもちろんのこと、個々のお住まいの環境やライフスタイルの違いによっても妊娠し易い体調を維持していく治療方法も千差万別。

      お母さんになる皆さまの心と身体の健康を保ちながら、治療方法も含めそれぞれに合った安心できる方法で妊活に向き合うお手伝いのための東洋医学に加え、当院が一番大切にしていることは、「元気に赤ちゃんを産み、元気に育てること」。

      出産と育児はなにかと気力と体力を使うものです。お母さんと赤ちゃんが笑顔で健やかな毎日を過ごすために、お手伝いさせていただきます。

› 当院へのお問い合わせとご予約はこちら

ベビ待ちレポート

数字で見る当院の不妊改善の実績と取り組み。※レポートは定期的に更新いたします。

当院への不妊治療ご相談件数(新規のお客さまのみ)727●リピート率:93%●

※当院開設から現在までの実績数

ご相談をいただいたエリア

ご相談をいただいたエリア

患者さまの年齢層率 

患者さまの年齢層率 

ベビ待ちオススメリンク

ベビ待ちさんへ当院からのオススメコンテンツをご紹介します。

  • はじめての漢方
  • 子宝漢方アドバイザー
  • 漢方療法推進会
© 杏林堂漢方薬局鍼灸院
ページトップへ